少数派になることを恐れるな!

この記事の読了時間: 421

私がマイノリティという言葉の意味を

理解したのはいつ頃だったか・・・(笑)

 

そんな事を思い出しながら、

今回の記事を書いてみます。

 

まずは応援クリックをしてもらえると飛んで喜びます。

 

少数派のすすめ

世界全体の人口を100%とすると、

いわゆる成功している人というのは、

どの程度いるのでしょうか??

 

 

ここで匿名アンケートを取ってみましょう!

クリックして投票してみてください。

統計的な数字は置いといても、

80%などと答える人はいませんよね?(笑)

 

 

多くの人が低い数字を答えると思います。

 

 

では、単純な話、

「少数派にならなければ成功できない」

という話になってきます。

 

 

しかしこれは、

「少数派になれば成功できる」

という逆の言い方では成立しません。

 

 

少数派になれば誰もが成功できるのではなく、

成功するためには、

大衆ではなく少数派を意識することが

大事だということです。

 

 

アリックスなんて、

名前も聞いたことがない怪しいビジネスだと

感じている方も多いかもしれません。

 

 

しかし、こうした少数派にこそ、

成功へ繋がる糸が垂れ下がっているものなのです。

 

 

その糸をつかんで成功を目指すか、

怪しいという感覚に従って避けておくか。

 

この判断はどちらも間違いではないと思います。

 

 

しかし、この「怪しい」というのが、

何を根拠にしているかによって、

大きな勘違いが生まれてしまい、

せっかくのチャンスをみすみす逃す

ということになるかもしれません。

 

 

結論から言いますと、

「怪しい」と感じるのは、

自分の実体験ではないことが多いのです。

 

仮に実体験をしていても、

その時に自分で考え、

自分独自の判断で行動していたかによって、

それも実体験とは呼べないものになってしまいます。

 

 

ハッキリ言って、

「ネットワークビジネスは怪しい」

というのは、

メディアによる影響が非常に大きいです。

 

そして、友人知人の周りの話などを聞いて、

「怪しい」という感情がどんどん膨れ上がっていきます。

 

 

私もそうでした。

本当に怪しい商売だと感じていましたし、

偏見を持っていたとさえ言えるかもしれません。

 

しかし最近では、

なるべく自分で観たものや感じたものを

信じるようにしたいと思っているので、

アリックスの話も聞いてみることにしたわけです。

 

 

偏見を持って聞くのではなく、

真剣に話を聞いてみると、

理解できる部分が非常に多いことに気が付きます。

 

 

しかしそれでもまだまだ少数派ですよね(笑)

 

どれだけ理解しても、

「自分が知らない」「有名でない」というのは、

大きな障害になりやすいです。

 

 

しかし私は、このビジネスが嘘ではないと判断し、

実践することに決めたわけです。

 

逆に言えば、

チャンスと感じた部分も大きいです。

 

圧倒的に少数派ですからね(笑)

 

 

 

というわけで、成功するためには、

少数派になることを恐れないようにしよう!

と、自分にも改めて言い聞かせる記事でした(笑)

 

 

 もしあなたが、

「メールで話だけでも聞いてみようかな」と思われたら、

以下のフォームからメールを送ってみてください。

 

無理な勧誘などしませんから安心してください(笑)

「興味がある人」限定です。

 

お名前 (ニックネーム可)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

応援クリックをしてもらえると飛んで喜びます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

関連ブログ

アリックスジャパンを実践する価値はあるのか?

私は基本的にネットワークビジネスが嫌いです。


なぜそんな私が
アリックスジャパンだけは実践しようと思ったのか?
>>その理由はこちら

ブログランキング

メンバー専用サポートルーム

このページの先頭へ