アリックスの被害者が増えている?

この記事の読了時間: 256

最近、アリックスも徐々に広がりをみせているようで、
私のブログ宛にも、被害報告が届くようになりました。

大事なのは実践者なんですけどねぇ…。

↓↓クリックして応援していただけると嬉しいです。

 

商品を買わされた?

私のブログ宛に届く相談は様々ですが、
多くの場合、

セミナー参加を強要されたとか、
商品購入を半ば強制された
といったような、

いわゆるネットワークでよくある被害報告です。

 

先日そのことで、私宛に、
「あなた達がやっていることは詐欺だ」
といったメールが届きまして、
すごく残念に思いました。

 

今、ネットワークで辛い状況にいる方に、
一言だけ言わせて下さい。


重要なのは実践するグループであること。

 

1人や2人の悪いイメージで、
会社のイメージも悪くなるというのはわかりますが、
それは「批判する対象を探したくなる心理」というだけではないですか?

例えばアリックスに関して言えば、
一部会員にコンプライアンス(法令遵守)トレーニングを義務付けたり、
コンプライアンス委員会もありますし、
何より勧誘の際に消費者生活センターのチラシも入れるほど、
実践者のコンプライアンスに厳しい会社です。

 

それだけ厳しい会社が先導して実践者に対し、
「ダウンの人に商品購入を促してプレッシャーをかけろ!」
なんて指導をするわけがありません。

というか、そんな指導をしていることがわかったら、
会社は少なくとも日本ではやっていけなくなります。
※そんな会社は政府機関が黙っていないからです。

日本は基本的に消費者保護が手厚い国だと認識しています。

時に過剰とも思えるほど、消費者が有利なことが多いですが、
だからこそ、詐欺まがいの会社や、
常識外の会社は淘汰されていくのが今の時代の流れです。

優良企業ですら、1つの小さな問題でもネットで叩かれたら
信頼が落ちる時代ですからね。

 

そういう時代背景も含めて、
アリックスという会社は非常に優良企業だと思っています。

自動車のトヨタやファーストリテイリング、花王なども受賞したと言われる
スティービーアワードという第三者による賞を受賞していますし、
会社として改善できる点はあれど重大な問題があるとは思えません。

 

ですから、アリックスという会社自体に疑問を持ち始めたら、
一度冷静になって、
「悪いのは自分のアップの人なんじゃないか?」
などという風に考えてみてください。

 

もしあなたが、

「メールで相談してみようかな」と思われたら、

以下のフォームからメールを送ってみてください。

 

私は無理な勧誘や活動へのプレッシャーなど
一切していないタイプの実践者ですから安心してください(笑)

 

お名前 (ニックネーム可)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

応援クリックをしてもらえると飛んで喜びます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

関連ブログ

アリックスジャパンを実践する価値はあるのか?

私は基本的にネットワークビジネスが嫌いです。


なぜそんな私が
アリックスジャパンだけは実践しようと思ったのか?
>>その理由はこちら

ブログランキング

メンバー専用サポートルーム

このページの先頭へ